のぼり旗用スタンドの種類 | のぼり製作所|既製品のぼりと格安オリジナルのぼり529円〜

簡易商品検索


のぼり製作所に初めてお越し頂いたお客様へ
のぼり旗のご注文からお届までの流れ
のぼり旗を購入されたお客様のインタビュー
印刷データ入稿
のぼり旗入稿データ制作ガイド
オリジナルレギュラーのぼり旗[データ入稿]
オリジナルスリムのぼり旗[データ入稿]
オリジナルショートのぼり旗[データ入稿]
オリジナルスリムショートのぼり旗[データ入稿]
オリジナルジャンボのぼり旗[データ入稿]
オリジナル両面のぼり旗│データ入稿
オリジナルセイルのぼり旗│データ入稿
オリジナル蛍光のぼり旗│データ入稿
オリジナルミニのぼり旗│データ入稿
オリジナル横幕│データ入稿
オリジナル簡易のれん│データ入稿


デザイン制作依頼
デザイン制作のオーダー用紙
オリジナルレギュラーのぼり旗│デザイン制作
オリジナルスリムのぼり旗│デザイン制作
オリジナルショートのぼり旗│デザイン制作
オリジナルスリムショートのぼり旗│デザイン制作
オリジナルジャンボのぼり旗│デザイン制作
オリジナル両面のぼり旗│デザイン制作
オリジナルセイルのぼり旗│デザイン制作
オリジナルミニのぼり旗│デザイン制作
オリジナル横幕│デザイン制作
オリジナル簡易のれん│デザイン制作

岡山名物似顔絵のぼり旗
のぼり旗まるごとパック
既製のぼり旗一覧
夏のぼり旗特集
のぼり旗取り付け器具
のぼり製作所ご利用ガイド
のぼり旗を購入されたお客様の声

のぼり旗コラムページ
営業日カレンダー



のぼり旗に利用するスタンドの種類

のぼり旗を設置する際、旗だけでなく重要なのが立て台、いわゆるのぼり旗用スタンドです。最近では、のぼり旗と台やポールがセットで販売されているものも少なくありません。
材質などが異なる数種類ののぼり旗用スタンドから、用途に応じて適切なものを選ぶようにしましょう。

コンクリート製スタンド

まずは基本とも言える「コンクリート製」です。形はさまざまありますが、コンクリートのため重量があり、強風にも強くてポールが倒れにくく、どっしりとした安定感があるのが特長です。
また、立て台自体が日光や風雨によって損傷してしまう心配も、比較的少ないと言えるでしょう。
しかし、重いので持ち運びが容易にできないのが難点です。また、子どもやお年寄りがつまずいて転倒したときにけがをする恐れがあるため、大勢の人の通り道になるような場所に設置するには注意が必要です。

折りたたみ式スタンド

持ち運びに便利なのは「折りたたみ式」のスタンドです。黒い鉄製のシンプルなデザインのものが多くスマートな印象もあります。
足が楽譜スタンドのようになり、移動時や使わないときは折りたたみ、コンパクトになるので、収納も場所を取りません。
安定感はありますが、強風や衝撃にはあまり強くないので、屋内展示など風の影響を受けにくい場所や人がまたいで通ることがない位置での使用に適したスタンドです。

スチール製スタンド

折りたたみ式より安定感が増すのは、「スチール製」のスタンドです。スチール製なのである程度の重量があり、かつ地面に接する部分が一枚のスチール板になっているので、外的な衝撃にも強いのが特徴です。
収納するときは、スチール板のサイズ面積は必要になりますが、厚みは薄いので重ねて収納できれば比較的場所を取ることなく収納できるでしょう。

注水式スタンド

そして、最近よく見かけるのは「注水式」のスタンドです。これは、ポリエチレンなどでできた容器を台として使用するスタンドです。
使うときは水を入れることで重量を確保して安定感を生み出し、また、のぼり旗をしまうときはスタンドの水を捨ててしまえば持ち運びも楽にできます。 容器によっては取っ手が付いているものもあり、より持ち運びに適しています。使用しないときは、重量はさほどありませんがそれなりの収納スペースが必要となります。

どのタイプも、のぼり旗やポールとの組み立ては簡単にできます。のぼり旗を設置して出しっぱなしにしないのであれば、持ち運びや片付けのしやすさも考慮して、用途に応じたスタンドを用意しましょう。



既製のぼりオリジナルのぼり印刷取付器具
[会社概要][特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー]