のぼり旗の破棄と回収 | のぼり製作所|既製品のぼりと格安オリジナルのぼり540円〜

簡易商品検索


のぼり製作所に初めてお越し頂いたお客様へ
のぼり旗のご注文からお届までの流れ
のぼり旗を購入されたお客様のインタビュー
印刷データ入稿
のぼり旗入稿データ制作ガイド
オリジナルレギュラーのぼり旗[データ入稿]
オリジナルスリムのぼり旗[データ入稿]
オリジナルショートのぼり旗[データ入稿]
オリジナルスリムショートのぼり旗[データ入稿]
オリジナルジャンボのぼり旗[データ入稿]
オリジナル両面のぼり旗│データ入稿
オリジナルセイルのぼり旗│データ入稿
オリジナル蛍光のぼり旗│データ入稿
オリジナルミニのぼり旗│データ入稿
オリジナル横幕│データ入稿
オリジナル簡易のれん│データ入稿

デザイン制作依頼
デザイン制作のオーダー用紙
オリジナルレギュラーのぼり旗│デザイン制作
オリジナルスリムのぼり旗│デザイン制作
オリジナルショートのぼり旗│デザイン制作
オリジナルスリムショートのぼり旗│デザイン制作
オリジナルジャンボのぼり旗│デザイン制作
オリジナル両面のぼり旗│デザイン制作
オリジナルセイルのぼり旗│デザイン制作
オリジナルミニのぼり旗│デザイン制作
オリジナル横幕│デザイン制作
オリジナル簡易のれん│デザイン制作
岡山名物似顔絵のぼり旗
のぼり旗まるごとパック
既製のぼり旗一覧
春のぼり旗特集
 

のぼり旗取り付け器具
のぼり製作所ご利用ガイド
のぼり旗を購入されたお客様の声

のぼり旗コラムページ
営業日カレンダー



のぼり旗の破棄と回収

季節に合ったデザインののぼりやイベント期間のみに使用するのぼりなどは、その時期や期間を過ぎると不用になってしまいます。
また、長持ちする素材の布で作っていたとしても、のぼり旗に色褪せやほつれが目立ってくる場合は、見栄えが悪くなりますので、新しいものと交換することになります。
その、いわゆる使用済みとなったのぼり旗はどのように処理されるのでしょうか?
処理方法は、大きく分けて次の3種類があります。

のぼり旗の破棄

まず一番多いのは「廃棄」です。長期使用することによって、日に焼けて色褪せたり布がほつれたりしていたら、なおさら使い続けるのは難しいので、やはり消耗品として処分することになります。
また、ダメージがあまりない場合でも、実施年月日や第何回というような文言が印刷されている、単発のイベントの広告物として利用していたのぼりの場合も、次回同じように設置するのは不可能ですので、やはりゴミとして処分することが多くなります。
廃棄する時は、燃えるごみや資源ごみ、粗大ごみなど、地域によって分別の方法が異なりますので、必ず自治体に確認するようにして、違反のないように処分することが大切です。

のぼり旗の回収

そして、2つ目は「回収」です。自ら回収業者に持っていくシステムもあれば回収業者に取りに来てもらえるサービスもあり、後者ですと分別も回収業者にお任せすることができます。
例えば、のぼり旗の布の部分だけでなく、長さもありサイズも大きいポール部分やのぼりの土台の処分方法も困りがちですが、すべてを回収してくれますので、手間もかからず安心です。

のぼり旗のリサイクル

そして、もうひとつは「リサイクル」です。リサイクルとはご存じの通り、一度商品となったもので再利用することができる素材を、もう一度新しいものとして蘇らせることです。
手元から離すことは「廃棄」も「リサイクル」もおなじですが、リサイクルでは、今までゴミとして扱われていたものが、有効な資源として生まれ変わります。
のぼり旗のリサイクル方法のひとつとして、ロックフェスティバルに使用されたものを、その地元の高校生がエコバッグに作り替えたというニュースをご紹介します。
今までは、会場周辺に毎年200本以上立てられた協賛のぼりは、イベント終了後はそのほとんどが破棄されていたそうです。
エコバッグに作り替えることでごみを減らすだけでなく、イベントならではののぼりのデザインを使用したエコバッグとして活用することで、使い捨てだった広告物を、使用後も持続性のある広告として利用できたり、付加価値のある商品として生まれ変わらせることができている実例です。
今後も広くこのような素晴らしい取り組みが期待されています。




[会社概要][特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー]